top of page
  • 執筆者の写真nemureru coffee

ドリッパーは何を使っていますか?

実は近年は多くのシェアを保持するHARIOのV60って、安定して淹れるのは結構難しいのです。


HARIOのV60はお湯の注ぎ方が、味に結構影響する。つまり自由度は高いけど難しい。

毎朝時間の無い中コーヒーをドリップする方は、扇形ドリッパーがおすすめ。


こんにちは✨

デカフェ専門コーヒースタンド ネムレルコーヒーです。


ドリッパーって色々な種類がありますね。

扇形のカリタ、メリタ

円錐形のHario V60、フラワードリッパー、origamiドリッパー等

ウェーブドリッパーと呼ばれるもの


この中でダントツシェアが高い(と思われるのは)円錐形のV60でしょう。

最近はフラワードリッパーを使っているところも増えていますが。


ただ、この円錐形ドリッパー、V60は安定して淹れるのが結構難しいんです。

穴が大きくて、お湯の注ぎが早いと結構薄い味になります。


円錐形でもキーコーヒーのクリスタルドリッパーや、KONOドリッパーなんかもあります。

同じ円錐形でも、穴やリブ(円錐内の出っ張っている部分)の形状で、全て味が変わります。


いやぁ~深いですね~。


一方、扇形のカリタドリッパー。

これって、お湯が注がれても、穴に落ちる前に底面で一旦お湯が溜まって落ちていくので、半浸漬っぽい抽出になるんです。

なので、お湯の注ぐ速度の影響が少し和らぎます。

そして、割と濃い目に抽出されるかも。


僕は出店時には、違う豆を同時に入れる事も結構あるので、安定度高いKalitaを使っています。

また、「デカフェって薄いんでしょう?」と思われない様に、しっかりコーヒーの味を出せるようにっていう意味でもKalitaを使っています。


色々なドリッパーを持って、試してみるのも面白いですね。

そこまで来たら、充分にコーヒー沼に足を突っ込んでいますよ😁

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page